') ?> 整体法で自律神経失調症を治療する

整体法で自律神経失調症を治療する

うつ病や自律神経失調症に、なると知らない間に息が浅く早くなってきます。
呼吸が早くなると、自律神経失調症の場合は余計に症状が重くなってきます。
それを、整体法による施術で、乱れた呼吸を改善することで症状を緩和します。
整体法(自律心体療法)では、呼吸改善だけでなく、内臓調整法を行います。
この内臓調整法では、自律神経失調症の原因にもなる副交換神経の働きが活発になるようにします。
内臓を支える歪みの調整や骨盤の調整などで、治していきます。
そして、整体法ではこのような症状の人に多くありがちな、顎関節症を矯正していきます。
顎関節症とはあごがゆがんでおり、咬みあわせが悪くなっている状態です。
このように、自律神経失調症には総合的な治療を行なう事で大きな効果が期待できます。
呼吸改善をすると、内臓の働きがよくなります。
それと、並行して顎関節矯正で治療をすることで、乱れていた副交換神経の働きが正常に戻ります。
副交感神経が働き出すことで、感情が落ち着きを取り戻します。

整体法で向き合う自律神経失調症

体の調子を整えていけば病気は自然と経過して消えるという考えを整体法は持っています。
それに基づくならば自律神経失調症も整体法の適応範囲です。
たとえば精神科の分野等で脳内物質が上手く出ない事で自律神経がうまく働かなくなり自律神経失調症になるという様な説明などがされる事等ありますが、整体法の見方だと違います。
たとえば当人の体の様子を観察して硬くなっている部分があればその部分を本人に積極的に感じてもらう様にしつつ施術したり、同時に緩める為の体操等も本人にしてもらうという事なんかを要求する事もあります。
他にも季節などに対する必然的な反応が体に見つかれば、焦って是正を試みないでも大丈夫と説明するといった事等も行うのですが、それらを通して自分の体を丁寧に扱う術を被施術者に習得して貰う様にしていくのです。
その結果として、自律神経失調症が自然に経過して消えれば良し、消えなくても本人が症状を抱えつつも上手に生きていくコツを習得出来たならば御の字であるという様に考えていくのです。時間はかかるものですし症状と縁が必ず切れるという類のものではないですが、選択肢の一つとして考えてみるのも良いのではないでしょうか。